このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

施工BIMを推進するヘルメット一体型Mixed Realityデバイスを発売

info施工BIMを推進するヘルメット一体型Mixed Realityデバイスを発売 株式会社ニコン・トリンブルは、2020年5月12日(火)より建築施工現場用Mixe... ...。

kenchiku_zyoho 

施工BIMを推進するヘルメット一体型Mixed Realityデバイスを発売

株式会社ニコン・トリンブルは、2020年5月12日(火)より建築施工現場用Mixed Realityデバイス「Trimble XR10」の発売を開始します。「Trimble XR10」はMicrosoft社のHoloLens 2に、厚生労働省が定める保護帽規格及び絶縁保護具規格に適合*したヘルメット、並びに骨伝導ヘッドセットを組み合わせた施工現場用デバイスで、MR技術を多様な現場に提供できる革新的なソリューションです。

【主な特長】
最先端MR技術の活用の場を拡張し、施工BIMのストレスフリーな運用を支援
Trimble XR10はヘッドトラッキング機能・ハンドトラッキング機能を新たに搭載し、画質・画角が向上したマイクロソフト社のHoloLens 2を使用しているため、直感的な3Dモデルの運用が可能です。また、ヘルメットや骨伝導ヘッドセットを一体化したことにより、安全な管理環境で作業員が直接3D施工データを運用できるようになりました。別売のクラウドサービスTrimble Connect for AR/VRと併用することで設計データを簡単に3Dモデル化することができ、図面の整合性確認や施工関係者間の合意形成を迅速化できます。

■Trimble Connect for AR/VRの特長
設計データと現物との干渉チェック
施工前にXR10で3Dモデルを見ながら空間把握や課題抽出を行うことで手戻りの低減・防止に貢献します。更に鉄骨などの躯体や仕上げ等の建築工事とダクト・配管等の設備工事における現実空間に3Dモデルを重ねて表示することで、相互に干渉しないか等の確認作業が省力化できます。

コラボレーションの活性化
Trimble XR10同士のコラボレーション機能により、早期に発見した現場での問題に対して、現場作業者へ手順の確認・指示がおこなえ、施工計画遅延の回避に貢献します。

リアルタイムな情報共有
現場で抽出されたタスクをクラウドで共有することで、作業員同士がタイムリーに進行状況を把握できるため、危険作業等での現場作業者の安全性を確保し、計画に沿ったプロジェクトの推進が可能になります。

各種3D設計データに対応
SKP、IFC、RVT、DWG、DXFなど各種CAD形式に対応しているので、お手持ちの3D設計データがすぐに現場で活用できます。

Trimble XR10特設HP:https://www.nikon-trimble.co.jp/TrimbleXR10/

インプレッション 1,052

このエントリーをはてなブックマークに追加