建築系検索エンジンKenKen!

📁カテゴリー...

Message Board 建築系みんなの投稿

info告知はココに!
建築ミニ掲示板へようこそ!
建築について情報発信・告知・PR・宣伝などを。

Message Board


ログイン

▲閉じる

投稿された情報は、弊社SNSアカウント twitter facebook でも紹介する場合があります。

建築情報 

建築家・フランク・ロイド・ライト『ヨドコウ迎賓館』(旧山邑家住宅)の敷地全体が重要文化財指定へ

2024年5月17日に開催された文化審議会文化財分科会の審議・議決を経て、株式会社淀川製鋼所が所有するフランク・ロイド・ライト設計「ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)」(1924年竣工、兵庫県芦屋市)の敷地を重要文化財に追加指定することが文部科学大臣に答申されました。今後、官報告示を経て正式に指定されます。

なお、主屋は1974年5月に指定されており、今回の指定をもって敷地全体が国指定重要文化財となります。竣工から100年、主屋の重要文化財指定から50年となる節目の年に、ヨドコウ迎賓館の敷地環境に新たな文化的価値が認められることとなります。


■概要

ヨドコウ迎賓館の東側敷地(非公開)には、主屋と同じ大谷石で装飾された階段や擁壁、半地下の鉄筋コンクリート造の建物が現存しており、これらは文化財の指定から外れたまま取り残された状態となっていました。株式会社淀川製鋼所は、これらの遺構の保存の在り方について兵庫県や芦屋市、有識者と協議を行うとともに、主屋を取り巻く敷地全体の調査を神戸大学名誉教授 足立裕司氏に依頼しました。

現地調査は2023年1月から9月にかけて実施され、敷地の測量や遺構の実測の他、芦屋市教育委員会の協力の下、東側敷地の試掘が行われました。この試掘調査により、前面道路の拡幅や建物の建設により既に消失したと考えられていた「温室跡」や大谷石が敷き詰められた「渡り廊下跡」、また「滝の跡」や「池の跡」など新たな遺構が出土し、竣工に際して雑誌に投稿された図面や当時撮影されたと思われる写真で確認された東側敷地の姿が実際に垣間見えるようになりました。

これにより、東側敷地の付属建物や施設が主屋と一体として設計され、このエリアが庭園としての機能を有していたと考えられることが判明し、ライトの建築理念である「自然環境と調和した有機的建築」として当館を評価する上で、主屋だけでなく敷地環境すべてを包含して理解することの重要性が確認され、今回の答申に至りました。

所有者である株式会社淀川製鋼所は、「行政や有識者の方々と連携し、出土した遺構の詳細調査および敷地全体の保存や活用の在り方について検討を進めてまいります。」
としています。


■神戸大学名誉教授 足立裕司氏のコメント

旧山邑家住宅にはまだ十分に判っていないことが多く残されている。今回の調査から、庭園の様子や駐車スペース、使用人の住宅については確定することができたが、住宅として最小限必要とされる上水道、下水処理、電気などの設備やライトの建築観を表し、この当時としては画期的であった屋上庭園については今後の調査が必要である。

現場を差配したライトの弟子である南信(みなみまこと)が残した解説には、ライトからの教訓として上善如水という老子の理念が取り上げられている。自然の雨水を利用し、敷地下の滝や池へと流れる雨水処理の一端が明らかとなってきたことから、まさに上善如水の建築としての評価にふさわしい作品であることが判ってきた。それは弟子を通じたライトの観念ではあるが、逆に忠実な弟子であるからこそライトのめざした建築観を大事に守ってきたと思われる。ライトの思想を受け継いだ弟子たちが、ある意味では日本の伝統的な建築観との共通性として受容し、理解を深めていたように思われる。

有機的建築、環境共生の建築の先駆者などと評されるライトの建築であるが、旧山邑家住宅はその評価にふさわしい作品といえる。旧山邑家住宅は世界的に見ても現在へとつながる先駆的な課題に取り組んでいたことが明らかとなってきた。今後は旧山邑家住宅が有していた当初の全体像、つまり今回指定された敷地全体と建物の調和を少しでも取り戻していく努力が求められる。

https://www.yodoko-geihinkan.jp/

竹本卓也建築研究所 

刀根山の家 内覧会のお知らせ

この度、竹本卓也建築研究所にて設計監理を行いました、「刀根山の家」の内覧会を開催する運びとなりました。※設計者の自邸
23坪の小さな土地に建つ、14の空間を9つの階層でつなげたスキップフロアの住宅です。
内覧をご希望される方は、下記フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/FjmdvVTi9XN6e38f6

日 時  2024年5月25日(土) 26日(日)
場 所  大阪府豊中市刀根山4-5-14
連 絡  06-7223-3862 / info@tktka.jp

設 計  竹本卓也建築研究所 竹本卓也
構 造  有限会社ワークショップ 安江一平
施 工  株式会社橋本工務店 土手秀徳 橋本樹

いいね!2件
Dat Nguyen 

3Dモデリング

私たちは3Dデータを提供し、CGの制作時間とコストを節約したり、他の目的に使用したりするのに役立ちます。

秀田建築設計事務所 

「斑鳩の家」が11月末で竣工します。

お施主様のご厚意により オープンハウスを開催させて頂く運びとなりました。
ご興味のある方、是非お申し込み下さい。

・場所 : 奈良県生駒郡斑鳩町
・日時 : 12月9日(土)10:00~16:00

・お問い合わせ方法 : 
住所、氏名、電話番号、参加人数、ご希望の時間をご記入の上、
メールでお申し込み下さい。折り返し詳細をお知らせいたします。

・連絡先: info@hideta.com (担当:秀田)



| 斑鳩の家 |

南側に美しい田園、大和川、金剛山まで奈良盆地を堪能出来る素晴らしい
立地の新築住宅です。

敷地は昭和時代に区画開発された住宅地で、前面道路は狭く、
周辺の道路には境界と目隠しを兼ねた塀が立ち並んでいます。
「斑鳩の家」は、町に新しい空白を作り閉塞感から脱却しよう!
をスローガンに、町へ開く家の試みです。
建物は道路から広くセットバックし、半屋外のポーチには
ベンチ設置で井戸端会議場をまちへ提供します。
構造材、造作材には奈良県吉野産のスギ、ヒノキを使用し、
現場手刻みで丁寧に作り上げています。
セルロースファイバー吹付断熱と樹脂サッシを採用した高断熱住宅です。

▮概要

施工  :寧楽工舎
用途  :専用住宅
構造  :木造
規模  :地上2階
延床面積:144.21㎡

いいね!1件
yyaa 

『葛城山麓の家』がHOUSING by SUUMO 2023年12月号[リクルート]に掲載されています。今回もプチ掲載です。よろしければご覧ください。

山口 哲央 

少し前の話ですが、
奈良新聞社の記者さんから取材を受けて
暮らしを考える事について
お話しをさせていただ内容が
8月22日の朝刊、
経済面にて掲載されました。

家を建てる事が目的なのか?。
それとも家を建てる事によって生まれる
新しい何かを考えるのか?。

手段と目的の関係性。

家造りにおいても大切だと考えています。


住まいの新築やリフォーム
模様替えから古民家活用・空き家活用
家具のセレクトやレイアウトまで
暮らしに関するご相談をお受けしています。

ご相談・ご質問は
オフィシャルホームページの
お問合わせフォームから
必要事項をご記入の上
気軽にご連絡ください。

----------------------------------------------
やまぐち建築設計室
建築家 山口哲央
https://www.y-kenchiku.jp/
----------------------------------------------

奈良で和モダンを中心とした注文住宅・高級住宅を手掛ける建築設計事務所。新築・リフォーム設計実績や、費用についてのご案内や無料リーフレットの進呈など行っています。

https://www.y-kenchiku.jp

やまぐち建築設計室 和モダンの注文住宅・高級住宅を得意とする奈良の建築設計事務所

いいね!2件