建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

建築系みんなの投稿

info建築系みんなの投稿です。

kenchiku_zyoho

門脇和正

ミナトデザイン1級建築士事務所


ログイン

▲閉じる

投稿された情報は、弊社SNSアカウント twitter facebook でも紹介する場合があります。

kenchiku_zyoho 

建築設計は世界的建築家・妹島和世氏が手掛け、エネルギーの未来を作る工場を目指す

自然エネルギーの爆発的な普及を実現する「株式会社パワーエックス」岡山県玉野市に日本最大級の蓄電池組立工場「Power Base」を新設2023年にテスト生産、2024年春より製品出荷開始

Power Base特設サイト:http://plant.power-x.jp/

次世代エネルギーの大量導入に不可欠となる蓄電池製品を生産する「Power Base」の敷地面積は、約28,272平米。工場の年間生産能力は最大5ギガワット時(GWh)で、年間約一万台分の蓄電池製品に相当します。蓄電池生産ライン以外に、研究開発センター、オフィススペース等も敷地内に設置されます。人材採用においては、エンジニアやオペレーター、技術者など、数年計画で百数人の雇用創出が見込まれています。


日本国内で大規模な蓄電池工場を建設、高性能で安価な蓄電池製品を量産

当社は、電気自動車(EV)へのシフト、電力の需給調整、再生可能エネルギー発電の更なる普及等に不可欠である、蓄電池を活用したエネルギー・ソリューションの国内外展開を実現するため、大型蓄電池工場「Power Base」を建設いたします。蓄電池の導入で経済的な利益が得られる定置用蓄電池やEV急速充電器、船舶電池、家庭用蓄電池を開発しており、2024年春から年間出荷開始予定です。先月に発表したシリーズAラウンドの前半として調達した資金の一部は、「Power Base」の建設資金となります*。*パワーエックス|シリーズA前半で41.5億円の資金を調達 (https://power-x.jp/ja/news/pdf/PowerX_jp_20220523_1.pdf

工場建設地となる岡山県玉野市は、瀬戸内海と緑あふれる山々に囲まれた港町で、地震などの災害が少なく、造船のまちとしての技術における人材確保が期待できます。また、宇野港等工場周辺の港の水深が深いため、大型船舶が着岸できる利点があります。その他にも、玉野市から、直島や犬島など、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」の舞台となる島々への玄関口としてフェリーが発着します。宇野港も芸術祭の会場のひとつとなっており、港周辺にはアート作品が多数点在しています。 このような玉野市の恵まれた立地条件や自然資源を最大限に活用しながら、オートメーション化をじて、環境に配慮した、そして資源効率性を優先させた持続可能な生産環境を目指します。


世界的建築家・妹島和世氏が手掛ける、自然と共存する最先端の「未来の工場」

本工場は、太陽光、風力といった自然エネルギー源による電力の安定的な供給を実現させる蓄電池製品を生産する拠点です。工場としての機能だけでなく、周辺の自然や生態系と調和することで、従業員にとって快適な環境を提供しながら、好奇心を刺激し、地域との交流を促進させることを大切にしています。そのような思いを工場の建築設計に反映する妹島氏は、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を日本人女性で唯一受賞しており、世界を舞台に活躍する建築家です。

今回の「Power Base」プロジェクトの敷地は、本州と瀬戸内海の島々をつなぐ玄関口の一つである宇野港からほど近い、運河に面したところにあります。その特徴を活用し、敷地にある既存の建物と周囲のスケールに対応した大きな屋根から、新しい働く空間を作成いたします。この屋根は緩やかにカーブしながら周りに広がる色々なものと関係をもち、その下に点在する大小様々なサイズのオフィス、研究開発センター、会議室などを繋げます。少しレベルの上がった、みんなが使えるプレゼンテーションルームからは、瀬戸内の美しい海と島々が望めます。玉野市の緑や海に囲まれた豊かな環境で、敷地に元々建っていた建物を活かしながら 誰もが訪れたくなる、そして繋がれる「新しい働く場」を目指します。妹島氏の設計に加え、自動化生産ラインの導入などにより、環境負荷の少ない、かつ効率よい生産工程を実現させる、社会と共に持続的に発展する工場として、地域の生物多様性の保全に貢献してまいります。

■株式会社パワーエックス 取締役兼代表執行役社⻑CEO 伊藤 正裕 (いとう まさひろ)
「この度は岡山県玉野市に弊社の工場と次世代研究開発センターを設立できることを大変嬉しく思います。また、世界的建築家である妹島先生ともご一緒にこのプロジェクトに取り組めることに感謝し、日本を代表する最先端の技術と製品が生まれる場所に致します。この新拠点で再エネの普及に不可欠な電池製品を大量生産し、大勢のエンジニア達と次世代電池の開発に取り組んでまいります。地元、玉野市の皆様にも喜んでいただけるように頑張ります。」

■岡山県玉野市 市長 柴田 義朗 (しばた よしろう)
「株式会社パワーエックス様に大型蓄電池組立工場「Power Base」の建設場所として玉野市を選んでいただき大変喜ばしく思います。 脱炭素社会の実現に向けた事業を展開するパワーエックス様が本市に建設される工場は、今までにない働き方や、日本及び世界を変えていく製品を玉野で製造されると聞いています。この未来の工場は、雇用の場としてだけでなく、地域の新たな魅力につながるものと期待しています。再生可能エネルギーの更なる普及を目指すパワーエックス様の進出を契機に、カーボンニュートラルを玉野から発信し、将来にわたり持続可能なまちづくりに努めてまいります。」

■妹島和世建築設計事務所 代表 妹島 和世 (せじま かずよ)
「このプロジェクトを始めるにあたり、伊藤社長から、これからの新しい働くための場所、働き方について考えたいというお話をお聞きし、とても感銘を受けました。それを一緒に考えさせていただくということは、私たちとしても非常に興味深く、大切なことだと思い、とても光栄に思いながら取り組ませていただいております。」

Battery Assembly Plant | 株式会社パワーエックス | PowerX, Inc.

日本国内最大級の蓄電池組み立て工場。2023年より稼働、24年春より出荷開始。

https://plant.power-x.jp/ja

Battery Assembly Plant | 株式会社パワーエックス | PowerX, Inc.

kenchiku_zyoho 

『名建築で昼食を 大阪編』テレビ大阪・テレビ東京にて8月17日(水)深夜スタート!

テレビ大阪開局40周年「名建築で昼食を 大阪編」8月17日(水)スタート! テレビ大阪深夜0:00~ テレビ東京深夜2:35~ OA後TVerで見逃し配信 NTTぷらら「ひかりTV」で全話独占配信

<番組HP>  https://www.tv-osaka.co.jp/meikenchiku/
<公式Instagram> https://www.instagram.com/meikenchiku/
<公式Twitter> https://twitter.com/meikenchiku

建築、旅、暮らしなどを題材に独自の世界観で多数執筆している人気作家・甲斐みのりの「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ(エクスナレッジ刊)」を原案に、今までにない「建築×グルメ」をテーマにした新ジャンルのドラマとして、2020年8月に放送・配信された「名建築で昼食を」。スペシャル横浜版も追って放送された今作が好評につき、テレビ大阪開局40周年記念SPドラマとして帰ってきました!『名建築で昼食を 大阪編』はドラマのその後を描いた30分×6話の構成でお送りします。舞台は大阪。関西で繰り広げられる、2人の建築巡りはどうなってゆくのでしょうか?ご期待ください。


<番組名> 「名建築で昼食を 大阪編」
<放送日時> 2022年8月17日(水)放送開始 ※全6話
       テレビ大阪 深夜0:00~0:30
       テレビ東京 深夜2:35~3:05
       ※地上波放送後TVer、ひかりTVで独占配信
<出演>   池田エライザ 田口トモロヲ 他
<企画・シリーズ構成>  清水啓太郎(松竹撮影所)
<監督> 吉見拓真
<脚本> 横幕智裕
<音楽> ベンジャミン べドゥサック
<プロデューサー> 岡本宏毅(テレビ大阪) 清水啓太郎(松竹撮影所) 東島真一郎(松竹撮影所)
<制作> テレビ大阪/松竹撮影所
<製作著作> テレビ大阪
<企画協力>「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ」(エクスナレッジ刊)著者:甲斐みのり

©テレビ大阪

テレビ大阪開局40周年「名建築で昼食を 大阪編」 | TVO テレビ大阪

TVO テレビ大阪“テレビ大阪開局40周年「名建築で昼食を 大阪編」”公式サイト。

https://www.tv-osaka.co.jp/meikenchiku/

テレビ大阪開局40周年「名建築で昼食を 大阪編」 | TVO テレビ大阪

いいね!1件
kenchiku_zyoho 

日本初の本格的な木造商業施設 誕生へ -2026年、渋谷マルイ。リードデザイナーは、フォスター・アンド・パートナーズ(Foster + Partners)

株式会社丸井グループは、渋谷マルイを2022年8月28日で一時休業し、日本初の本格的な木造商業施設としての開業(2026年予定)に向けて、建替え工事を行います。

■ 建替えの背景と目的
渋谷マルイは1971年の開店以来、約50年営業を続け、当社のフラッグシップ的な存在として、お客さまにご愛顧いただいてまいりました。1980年代から2000年前半にかけてはトレンドファッションをご提供する存在として展開し、近年では、アニメイベントなどのコンテンツも展開するなど、お客さまのニーズにあわせて変化してきました。今回の建替えは、今後もそうしたさまざまなニーズに対応していくための土台づくりです。
建替え後は、丸井グループの考える「インパクト」の一つである「将来世代の未来を共に創る」の実現に向けた取り組みを象徴する店舗をめざします。
ご一緒するご出店者さまも、サステナビリティを意識した、環境負荷軽減や社会貢献に取り組むお取引先さまに特化し、お客さまに新しい体験を提供してまいります。
現渋谷マルイは2022年8月28日に営業を終了し、建物を解体したうえで、新たな商業施設に建替えいたします。なお、建替え期間中も渋谷モディは営業を継続します。
新店舗の詳細につきましては、決定次第、改めてお知らせいたします。

弊社は今後も、リアル店舗を「お客さまとのエンゲージメントの場」として、大切にしてまいります。

■日本初の本格的な木造商業施設へ
渋谷マルイは、技術革新が著しい耐火木材など構造の約60%に木材を使用した、日本初の、サステナブルな本格的木造商業施設として生まれ変わります。
木は、製造過程でCO2を排出する鉄に比べ、成長の過程でCO2を吸収する、環境負荷をかけない素材です。従来の鉄骨造で建替えた場合と比較して、約2,000tのCO2排出量を削減できる見込みです。
また、本建物のデザインは、日本の伝統的な建築技術に着目し、天然素材の使用、太陽光の活用など、自然由来のエネルギーを効率的に利用します。開店後も再生可能エネルギー由来の電力を使用するなど、最高水準の持続可能技術を採用し、環境負荷軽減を促進する、よりサステナブルな施設をめざします。

■設計会社について
リードデザイナーは、国際的設計組織である「Foster+Partners」が担当いたします。同社は、1967年にノーマン・フォスター氏により設立され、50年以上にわたり、環境に配慮したサステナブルな建築とエコロジーの取り組みにおいて、パイオニアの役割を担ってきました。これまで世界45カ国以上で都市計画、公共インフラ、空港、オフィスといった、多様なプロジェクトを遂行しています。

「Foster+Partners」シニアエグゼクティブパートナー
David Summerfield氏 コメント
世界的に有名な渋谷のスクランブル交差点から目と鼻の先にある、このような画期的で持続可能なプロジェクトに取り組めることをうれしく思います。
木造構造は、建物の炭素を大幅に削減すると同時に、来訪者に温かくオープンな体験を提供します。

このエントリーをはてなブックマークに追加