建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

建築模型展 -文化と思考の変遷-

建築模型展 -文化と思考の変遷-
古代から現代まで、建築における模型なるものを総覧
WHAT MUSEUM1階 東京都 品川区
2022年4月28日(木) ~ 2022年10月16日(日)
建築模型展 -文化と思考の変遷-

日本の歴史をさかのぼると、模型は古くから建築を制作するための手本として、またその時代の建築文化を伝達する媒体としての役割を果たしてきました。現代においては、建築物が完成に至るまでの試行や検討のツールとしてはもちろん、 材料や技術の発展に伴って、建築家自身の思考や表現にも影響を与えてきており、その役割は現在も進化を続けています。
本展では時代や作り手の思考と共にあり方を変えてきた建築模型に着目し、古代から現代における歴史的な文脈の中で、建築模型がどのような役割を果たしてきたのかを考察し、その意義に迫ります。会場には、古墳時代の家形埴輪や江戸時代に制作された延岡城木図といった歴史ある模型をはじめ、現代建築家・磯崎新による「東京都新都庁舎計画」のアンビルト*模型や三分一博志による「直島ホール」の風洞実験模型など20点以上を展示します。また会期中には、出展建築家や当施設スタッフが展覧会を案内する「ギャラリーツアー」や、模型制作を体験できるワークショップも予定しています。詳細は、WHAT MUSEUM公式サイトにて随時発表いたします。

【開催概要】
展覧会名:建築模型展 -文化と思考の変遷-
会期:2022年4月28日(木)〜 10 月 16 日(日)
* 2022年7月4日(月)~8月5日(金)の期間は、同時開催の展示入れ替えのため休館
会場:WHAT MUSEUM1階 (〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号)
開館時間:火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入場料:一般 1,200円、大学生/専門学校生 700円、高校生以下 無料
※同時開催のOKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」展(前期)、またはOKETA COLLECTION「YES YOU CAN −アートからみる生き
る力−」展(後期)の観覧料を含みます
※チケットは2022年4月上旬より発売開始。 詳細はWHAT MUSEUM公式サイトをご確認ください
※模型保管庫見学(オプション)500円
主催・企画:WHAT MUSEUM
企画協力 :若林拓哉、瀬尾憲司
会場・什器デザイン:萬代基介建築設計事務所
撮影:瀬尾憲司
グラフィックデザイン:SKG
イラスト:Miltata
協力:一般社団法人日本建築学会 建築と模型[若手奨励]特別研究委員会、三宅理一

関連ホームページhttps://what.warehouseofart.org/exhibitions/architecturalmodel

15,444

\ この情報をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

➕ 投稿


新着イベント

event.cgi v9.14m