建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

国立科学博物館・竹中大工道具館共同企画展「木組 分解してみました」

国立科学博物館・竹中大工道具館共同企画展「木組 分解してみました」
木の性質を利用して、木と木をすき間なく組み合わせる「木組」。木組を分解してみると、職人たちの知恵や工夫、驚きの技が見えてきます。本展では、木組をバラバラに分解して普段は隠れて見えない部分を公開し、映像や建物模型などを使って木組の魅力を多角的にお伝えします。
国立科学博物館 東京都 台東区
2021年10月13日(水) ~ 2021年11月24日(水)
国立科学博物館・竹中大工道具館共同企画展「木組 分解してみました」

展示概要

≪蔵出し≫ 科博所蔵 「法隆寺五重塔」模型
かつて国立科学博物館で常設展示していた「法隆寺五重塔」の模型を22年ぶり
に公開します。法隆寺の五重塔といえば、現存する最古の木造建築として有名
ですが、その「積み上げ構造」は1300年以上経った現代においても、高層建造
物を建てる際に参考とされています。古来継承される建築構造を1/25スケール
の模型でご覧ください。

・継手、仕口ってなに?
部材どうしを同じ方向につなげる技法「継手」と、直角など角度をつけてつな
げる技法「仕口」。これら木組の基本を紹介します。

・木組はどのように変わってきたの?
木組は、古代に縄やひもで丸太を縛ることから始まり、その後、木材を切り欠
き組み合わせる技術へと発達しました。その変遷を紹介します。

・積み上げる木組
お寺や神社の建物には独特な形をした部材の斗や肘木が使われます。規則正し
く積み上げる木組の技法を紹介します。

・繊細なる木組
木工品の中でも組子と指物には特に正確な設計と熟練の技が求められます。建
築とは違う独特の木組を日本屈指の職人による作品で紹介します。

・西洋の木組
曲線的で複雑な西洋の木組には日本とは異なる独自の技術が見られます。今回
展示するフランスの木組と日本の木組、ぜひ見比べてください。

・橋をつくる木組
石造りのアーチ構造はよく見られますが、それを木に置き換えた錦帯橋(山口
県岩国市)は世界的にも珍しい存在です。これもまた木組なのです。

・不思議な木組
立体パズルとなった木組を展示します。どこをどう組み合わせているのかわか
らない複雑な木組をじっくりとご覧ください。

【会場】国立科学博物館(東京・上野公園)日本館1階企画展示室及び中央ホ
ール
【会期】2021(令和3)年10月13日(水)~11月24日(水)
【開館時間】午前9時~午後5時 ※入館は閉館時刻の30分前まで。
【休館日】毎週月曜日 ※会期等は変更となることがあります。
【入館料】
一般・大学生:630円(団体510円)(税込)、高校生以下及び65歳以上無料
    ※本展は常設展示入館料のみでご覧いただけます。団体は20名以上。
【入館方法】新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を実施しています。
※入館の際は、当館ホームページでの事前予約が必要です。
※入館前に検温、体調等の確認をし、発熱等がある場合は入館をお断りしま
す。
※入館方法の詳細等については、当館ホームページの予約サイトをご覧くださ
い。
https://www.kahaku.go.jp/news/2020/reservation/index.html
【主催】国立科学博物館、竹中大工道具館
【協賛】竹中工務店
【公式サイト】https://www.dougukan.jp/kigumi/ 

関連ホームページhttps://www.kahaku.go.jp/

インプレッション 7,653

\ この情報をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

投稿


新着イベント

event.cgi v9.11m