建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」
大林コレクション展「安藤忠雄 描く」では、長さ10mにおよぶドローイングを中心に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平面作品15点を展示。
WHAT MUSEUM 1階 Space2 東京都 品川区
2021年9月25日(土) ~ 2022年2月13日(日)
大林コレクション展「安藤忠雄 描く」

安藤忠雄《中之島プロジェクトⅠ(大阪市役所)》 Photo by Keizo KIOKU

【開催概要】
展示名:大林コレクション展「安藤忠雄 描く」
会期:2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)(年末年始休館予定)
会場:WHAT MUSEUM 1階 Space2
(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号)
開館時間:火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入場料:一般1200円、
大学生/専門学校生 700円、
中高校生 500円、
小学生以下 無料
※「都市と私のあいだ」、「Self-History」の観覧料含みます
※チケットは2021年9月1日(水)より発売開始。詳細はWHAT MUSEUM公式サイトをご確認ください
主催・企 画:WHAT MUSEUM
特別協力:大林剛郎、安藤忠雄建築研究所
協力:三宅理一
会場グラフィック:関川航平
テキスト協力:長井美暁
グラフィック:氏デザイン
公式サイト
https://what.warehouseofart.org/exhibitions_events/tadaoando_egaku

【本展の見どころ】
◼️安藤忠雄氏による初期のドローイング、シルクスクリーンを含む平面作品15点を展示
◼️彫刻家グザヴィエ・ヴェイヤンによる高さ約2mの彫刻《Tadao Ando》 を日本初公開
◼️未完のプロジェクト《宇都宮プロジェクト》、《中之島プロジェクトⅠ(大阪市役所)》を展示
◼️上海ビエンナーレ(2000年開催)で制作された、長さ10mの《ベネッセハウス-直島コンテンポラリーアートミュージアム》ドローイングを日本初公開

関連ホームページhttps://what.warehouseofart.org/exhibitions_events/tadaoando_egaku

インプレッション 16,399

\ この情報をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

投稿


新着イベント

event.cgi v9.11m