建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

第56回 住総研シンポジウム「歴史のなかの「あこがれ」の住まいと暮らし」

第56回 住総研シンポジウム「歴史のなかの「あこがれ」の住まいと暮らし」
「あこがれ」から「流行」へ。更に次の段階へ…。今回は歴史から見た過去と現在のさまざまな「あこがれ」の住まいと暮らしを抽出し,将来の住まいや暮らしの在り方に生かす方法を議論する。第1部は,「和室」の「住まい」における「あこがれ」の形成と「流行」を考察し,第2部は,現代の「あこがれ」の住まい像を考え,「住まい」像が希薄化している事を前提に,今後の「あこがれ」の住まいや暮らしの形はどうなるのか議論する。
建築会館 ホールおよびオンライン(ZOOM) 東京都 港区
2021年7月30日(金)
第56回 住総研シンポジウム「歴史のなかの「あこがれ」の住まいと暮らし」

(2021年度重点テーマ「あこがれの住まいと暮らし」連続シンポジウム第1
回)

◎定員:会場参加60人/オンライン参加80人(共に先着順)
◎主催:一般財団法人 住総研
◎参加費:会場・オンライン参加共に無料
※会場では募金へのご協力をお願い致します。募金は支援金として被災地等
にお送り致します。
◎開催概要:
《趣旨説明》 後藤治(工学院大学 教授)
《講演》(講演順)
・藤田盟児(奈良女子大学 教授) 「平等へのあこがれと和室の誕生」
・後藤克史(明治大学 特任講師) 「インド・ムンバイにおけるアールデコ
様式住居へのあこがれ」
・山本理奈(成城大学 准教授) 「高度成長期の住まいと暮らしから「あこ
がれ」を考える」
・島原万丈(LIFULL HOME'S 総研 所長) 「日本とデンマークの比較でみる
「幸福な暮らし像」」
・鈴木あるの(京都橘大学 教授) 「外国人から見た“和”の住まい」
《討論》
・司会 後藤治(前掲)
・パネリスト
藤田盟児(前掲)/後藤克史(前掲)/山本理奈(前掲)/島原万丈(前
掲)/鈴木あるの(前掲)
※登壇者,講演テーマは変更になる場合がございます。

◎申込:下記URLページ中のフォームよりお願いします。
http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_56.html
申込締切7月23日(金)※定員になり次第締切

◎問合せ先
一般財団法人 住総研
住総研シンポジウム 事務局
sympo★jusoken.or.jp(★は@(半角)に変えて下さい。)
TEL:03-3275-3078/FAX:03-3275-3079

◎詳細は以下をご覧下さい。
http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_56.html

関連ホームページhttp://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_56.html

インプレッション 5,877

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

投稿


新着イベント

event.cgi v9.01m