建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

第20回 これからを担う若手建築家の活動 「PERSIMMON HILLS architects」

第20回 これからを担う若手建築家の活動 「PERSIMMON HILLS architects」
建築家は、パワービルダーやハウスメーカーのように住宅の生産や流通に関われるだろうか?新型コロナの影響で2020年度の新設住宅着工戸数は73万戸となった。1990年代には167万戸という時期もあったが、既に新築から改修への移行期にある。建築家の活動と実践を通して、建築生産や都市形成にいかに関わっていくべきかを議論していきたい。◇コーディネーター:布野修司+安藤正雄+斉藤公男
AFORUM オンライン 〒101-0062 東京都千代田区神田駿
2021年5月22日(土)
第20回 これからを担う若手建築家の活動 「PERSIMMON HILLS architects」

◎AF=Forum AB(アーキテクト/ビルダー「建築の設計と生産」)研究会  
第20回 これからを担う若手建築家の活動と実践❶ 
「PERSIMMON HILLS architects」

建築家は、パワービルダーやハウスメーカーのように住宅の生産や流通に関わ
れるだろうか?
新型コロナの影響で2020年度の新設住宅着工戸数は73万戸となった。199
0年代には167万戸という時期もあったが、既に新築から改修への移行期に
ある。
一般の住宅の発注者、すなわちお施主さんは、まずハウスメーカーやパワービ
ルダーのコマーシャルを手掛かりにする。景観を作るのは建築家ではなく、経
済効率、量産化、広告に長けたビルダーやメーカーである。建築家は、インフ
ォーマルな関係を手掛かりとして設計の機会を得て、奇をてらった建築をつく
ったり、建築雑誌への掲載や建築賞の受賞を目標として、建築家の仲間内の評
価を得ようとする。しかし、公共事業の作られ方や、生産や流通を考えて活動
も行うべきではないだろうか。
建築家の活動と実践を通して、建築生産や都市形成にいかに関わっていくべき
かを議論していきたい。

◇コーディネーター:布野修司+安藤正雄+斉藤公男

◇趣旨説明:
◇プレゼンテーション:
1.「PERSIMMON HILLS architects の活動と実践」 柿木祐介+廣岡周平
◇ディスカッション:
2.建築家が生産や流通にいかに関わるのか  
コメンテーター:種田元晴+香月真大
登壇者:EUREKA 永井拓生、再生建築研究所 神本豊秋、藤田彩加、中
村裕、20代の若手数名
映像:浅古陽介 

日時:5月22日 15:00~18:00 土曜日
                                          
日時:2020年5月22日(土)15:00〜18:00 ZOOM オンライン 
申込:

場所:A-Forum 講師など10名以内
幹事:斎藤公男(A-Forum代表、日本大学名誉教授)、廣田直行(日本大学教
授)、布野修司(日本大学特任教授)、安藤正雄(千葉大学名誉教授)
交通:JR御茶ノ水駅:徒歩5分、東京メトロ新御茶ノ水駅:徒歩6分、御茶ノ水
駅徒歩10分

関連ホームページhttp://a-forum.info/

インプレッション 1,503

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

投稿


新着イベント

event.cgi v9.01m