建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」展

「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」展
東京都庭園美術館では、2021年4月24日(土)~6月13日(日)の会期で「艶めくアール・デコの色彩」展を開催いたします。本展は、年に一度の建物公開展です。
東京都庭園美術館 東京都 港区
2021年4月24日(土) ~ 2021年6月13日(日)
「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」展

本展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の建築と
しての魅力を存分にご堪能いただくため、年に一度開催している建物公開展で
す。これまで当館では、建物の歴史や室内装飾、建築素材や各部のディティー
ルなど、異なったテーマを毎年設けつつ、多様な角度から建物公開展に取り組
んでまいりました。本年、2021年は室内空間を演出する要素の一つである
「色」を切り口に、アール・デコの色彩にスポットを当てます。

フランス滞在中、その様式美に魅せられた朝香宮夫妻は、帰国後自邸の建設に
当たりアール・デコの精華を積極的に取り入れました。当時の最先端かつ最高
級の素材や技法を用いて建てられた朝香宮邸には、漆喰天井の白色、漆が塗ら
れた柱の黒色、建具に用いられたメタリックカラー、木材や石材の天然色、多
彩なガラスが放つ透明感、そして窓辺から望む庭園の豊かな緑・・・華やぎと
落ち着きを兼ね揃えたさまざまな色彩が存在し、約90年の時を経てもなお人々
を魅了し続けています。

本展では、旧朝香宮邸における色彩に改めて注目し、これまで培った調査研究
の成果を公開するとともに、建物公開展では恒例となる邸宅空間の再現展示を
行い、往時の趣を呼び起こします。また、新館ではアール・デコ期の絵画や書
籍等を展示し、その色彩の特長を展観します。

●基本情報
展覧会名:建物公開2021 艶(つや)めくアール・デコの色彩
会  期:2021年4月24日(土)–6月13日(日)
開館時間:10:00–18:00 *入館は閉館の30分前まで
休 館 日 :毎週月曜日 ただし5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)は休館
会  場:東京都庭園美術館 本館+新館
入 館 料:一般=1,000(800)円/大学生(専修・各種専門学校含)=800
(640)円/中・高校生=500(400)円/65歳以上=500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金
主  催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
年間協賛:戸田建設株式会社、ブルームバーグL.P.

関連ホームページhttps://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/210424_0613_TheLustrousColorsofArtDeco.html

インプレッション 18,025

\ この情報をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

➕ 投稿


新着イベント

event.cgi v9.11m