建築系検索エンジンKenKen!
このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

菊竹清訓 山陰と建築

菊竹清訓 山陰と建築
没後10年に開催される本展では、菊竹清訓による山陰の建築を中心に、図面、スケッチ、模型などにより、菊竹建築の魅力を紹介します。当館で初めて開催する建築家をテーマとした展覧会です。
島根県立美術館 島根県 松江市
2021年1月22日(金) ~ 2021年3月22日(月)
菊竹清訓 山陰と建築

菊竹清訓(1928-2011)は、《島根県立美術館》(1998)の設計を手がけた
戦後の日本を代表する建築家です。自邸《スカイハウス》(1958)、《出雲
大社庁の舎》(1963)といった作品や、建築運動「メタボリズム」などによ
って、国際的にも高い評価を受けています。
島根県では、知事も務めた第23代田部長右衛門との関係から、当館の前身で
ある《島根県立博物館》(1958)をはじめ多くの建築を設計しました。
菊竹清訓の没後10年に開催される本展では、菊竹による山陰地方の建築に加
え、代表的な作品や、生涯を通じて取り組んだ未来都市の構想を紹介し、菊
竹建築の魅力を紹介します。

展覧会名:「菊竹清訓 山陰と建築」
会期:2021年1月22日(金)~3月22日(月)火曜休館(ただし2月23日は開館)
会場:島根県立美術館 企画展示室
時間:〔1月、2月〕10:00~18:30〔3月〕10:00~日没後30分(展示室への入
場は閉館時刻の30分前まで)

日時指定・入場券の購入はこちらから日時指定・入場券の購入はこちらから
感染症対策のため、ご観覧前の日時指定にご協力をお願いいたします。
https://www.e-tix.jp/shimane-art-museum/
観覧料:日時指定入場券 一般:600円 大学生:400円 小中高生無料
当日定員に空きがある場合は日時指定当日券を販売します。
日時指定当日券 一般:650円 大学生:400円 小中高生無料
(いずれも当館コレクション展観覧料を含む)
主催:島根県立美術館、TSKさんいん中央テレビ、山陰中央新報社、SPSしま
ねグループ

特別協力:情報建築、文化庁国立近現代建築資料館
協力:学校法人早稲田大学、国立大学法人島根大学、
独立行政法人国立高等専門学校機構米子工業高等専門学校、あかるい建築計
画、大成建設
後援:朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産経新聞
社、中国新聞社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、日本
海テレビ、BSS山陰放送、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン
助成:令和2年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業

※皆さまにマスクの着用をお願いいたします。

関連ホームページhttps://www.shimane-art-museum.jp/

インプレッション 25,373

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

×

Event Index

投稿


新着イベント

event.cgi v9.01m