このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

  1. home >
  2. イベント >
  3. 建築イベント >
  4. 吉田鉄郎の近代 ― モダニズムと伝統の架け橋

吉田鉄郎の近代 ― モダニズムと伝統の架け橋

吉田鉄郎の近代 ― モダニズムと伝統の架け橋
日本独自の近代建築の創生を目指し、モダニズムと伝統の架け橋の実現に努めた建築家・吉田鉄郎。生誕125周年を迎えた今年、彼の思想と手法を建築資料を通して紹介する。
文化庁国立近現代建築資料館 東京都 文京区
2019年11月1日(金) ~ 2020年2月11日(火)
吉田鉄郎の近代 ― モダニズムと伝統の架け橋

 日本の近代建築を牽引した建築家の一人である吉田鉄郎(1894-1956)。東京
中央郵便局(1931)や大阪中央郵便局(1939)など、日本近代建築の名作を残
した「逓信省の建築家」として知られています。彼が活躍した1920年代から
1950年代初頭は、日本に限らず世界中で、いかに「近代」を空間的に、建築的
に表現するかが問われた時代でした。

 当時重要だったのは、ヨーロッパに端を発するモダニズムを模倣するので
も、それを土着の伝統と折衷するのでもなく、モダニズムと伝統との間に橋を
架けわたすことでした。この「架け橋」によってモダニズムが定着し、同時に
伝統が新たに再生してきます。本展では、吉田の住宅作品に鮮明に現れるモダ
ニズムと伝統の相克と、この両者への「架け橋」を追求する彼独自の思想と手
法を建築資料から読み解いていきます。

【本展概要】
・会場:文化庁国立近現代建築資料館(〒113-8553 東京都文京区湯島4-6-15
湯島地方合同庁舎内)
・会期:2019年11月1日(金)〜2020年2月11日(火・祝)

[入場方法]
展覧会のみ閲覧する場合(平日のみ利用可能):湯島地方合同庁舎正門よりご
入館ください。入館は無料です。
都立旧岩崎邸庭園と同時観覧する場合:都立旧岩崎邸庭園よりご入館くださ
い。ただし旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。
※土・日・祝日の入場には旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。
・休館日:2019年12月29日(日)〜2020年1月3日(金)
・開館時間:10:00〜16:30
・主催:文化庁
・企画:吉田鉄郎展実行委員会
・協力:NTTファシリティーズ逓信建築アーカイブス、公益財団法人東京都公園
協会

会期中にギャラリートークを開催します。詳細はHPをご覧下さい。
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1421723.html

関連ホームページhttp://nama.bunka.go.jp/

インプレッション 4,491

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

Event Index


新着イベント

eventUtf8.cgi v8.01m