このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

  1. home >
  2. イベント >
  3. 建築イベント >
  4. 構造展 -構造家のデザインと思考-

構造展 -構造家のデザインと思考-

構造展 -構造家のデザインと思考-
建築倉庫ミュージアム、企画展『構造展 -構造家のデザインと思考-』を開催 〜世界初、日本の構造家50名の構造デザインと思考プロセスを展示〜
建築倉庫ミュージアム 展示室A 東京都 品川区
2019年7月20日(土) ~ 2019年10月14日(月)
構造展 -構造家のデザインと思考-

国立代々木競技場©️斎藤公男

日本の有名建築には必ず「建築家」と「構造家」の協働(構造家の存在)がある
ことをご存知でしょうか。構造家は、建築家のイメージする空間を実現すべく、
建築家との対話を繰り返しながら構造システムを検討し、意匠・計画・設備・施
工の各種与件に対して、技術を応用し、思想を持って構造をデザインします。
「建築家」と「構造家」の協働の事例としては、建築家 丹下 健三とともに国立
代々木競技場(1964年)を手がけた構造家 坪井 善勝をはじめ、建築家 磯崎
新・伊東 豊雄・妹島 和世作品における佐々木 睦朗、隈 研吾の初期作品を手が
けた中田 捷夫、田根 剛作品の構造設計を手がける金田 泰裕など、多くの構造
家が日本の名建築を支えています。
本展覧会では、上述を含む50名に及ぶ構造家の思考とデザインに焦点をあて、60
作品70点以上の「構造システム」「構造デザイン」にまつわる模型や図面、その
プロセスや思考が分かるスケッチや映像などを展示いたします。1950年代から現
代まで、日本の構造家が築いてきた多様な美学や感性を、会場全体を通じて体感
できる今までにない展示構成です。
なお、会期中は出展構造家によるギャラリートーク、構造家×建築家をテーマに
した様々なイベントも開催予定です。本展詳細ならびにイベント詳細は展覧会サ
イト(https://archi-depot.com/exhibition/structural_design)にて順次公開
いたします。

【開催概要】
展覧会名:構造展 -構造家のデザインと思考-
会期:2019 年 7月 20 日(土)〜 10月 14 日(日)
会場:建築倉庫ミュージアム 展示室A
  (〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10)
開館時間:火〜日 11 時〜19 時(最終入館 18 時)
     月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
    *障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。
    *それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご
掲示ください。
入場料:一般 3,000円、大学生/専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000円
  *展示室B「Wandering Wonder -ここが学ぶ場-」(〜10月14日(月・祝))
の観覧料含む。
*オンラインチケット制です。
詳細は当館公式サイト https://archi-depot.com/ をご確認ください。
主 催・企画:寺田倉庫 建築倉庫ミュージアム
特別協力:斎藤 公男
協力:犬飼 基史、津賀 洋輔、瀬尾 憲司、犬飼 としみ、吹野 晃平、川口 貴
仁、石田 雄太郎

関連ホームページhttps://archi-depot.com/exhibition/structural_design

インプレッション 23,854

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

Event Index


新着イベント

eventUtf8.cgi v8.01m