このエントリーをはてなブックマークに追加

📁カテゴリー...

kenchiku_zyoho の投稿

info kenchiku_zyoho の投稿です。

kenchiku_zyoho 

2020年7月11日(土)弘前れんが倉庫美術館 グランドオープン。改修設計は、建築家・田根剛。

国内で初めてシードルが大々的に生産された「吉野町煉瓦倉庫」(2015年7月より弘前市が所有)を芸術文化施設として改修・整備。

建築設計はエストニア国立博物館などを手掛けた、建築家・田根剛氏が担当。

煉瓦建造物の耐震性能を高めつつ、今あるものを可能な限り残した「記憶の継承」と「風景の再生」をコンセプトにもつ建築空間では、その魅力を最大限に生かした国内外の先進的なアートや、弘前そして東北地域の歴史・文化と向き合う同時代の作品も収集し展示します。

またミュージアム棟の隣には、付帯事業としてミュージアムカフェとミュージアムショップを有するカフェ・ショップ棟も展開。7基のタンクを設置した工房で作ったシードルを販売する「A-FACTORY 弘前吉野町シードル工房」と青森県産の食材を使用した多国籍料理を提供するカフェが出店しており、美術館オリジナルのグッズをはじめ、国内外のアーティストや地元弘前ならではの商品を販売するショップも併設しています。

2つの建物は、煉瓦や「シードル・ゴールド」カラーの屋根により一体感を生み出し、食という日常とアートという非日常をつなぎ、ここでしか味わえない体験を与えてくれます。

https://www.hirosaki-moca.jp/

弘前れんが倉庫美術館 ー Hirosaki Museum of Contemporary Art

https://www.hirosaki-moca.jp

弘前れんが倉庫美術館 ー Hirosaki Museum of Contemporary Art

kenchiku_zyoho 

玉川高島屋S・C、本館1階アトリウム空間&本館2階 リニューアルオープン。内装の設計デザインは建築家・永山祐子氏。

新グランパティオのコンセプトは「ライブラリー&アート:素敵な偶然に出会える場所」。気鋭のクリエーターが集結し、豊かな自然と洗練された都市文化が共存するアーバンリゾートを象徴する空間としてリニューアルしました。
内装の設計デザインを手掛けたのは建築家 永山祐子氏。約700個のペンダントライトのきらめきが星空のように降り注ぐ中、本やアートとの新たな出会いが設計・演出されています。

内装設計デザイン、永山祐子氏 コメント
アートは空間を変えてくれる大きなパワーがあるので、柱の壁画があるだけで受ける印象がかなり変わります。この空間の新しい出会い(アート&カルチャー)に触れたときに、自分の中で新しい気づきや、発見が生まれると思います。ここに来なければ出会わなかった“モノ”に出会い、ある日突然出会う“場”になる。「よくわからないけど面白そう!」という気持ちが大切。この空間に文化的な要素をいれることによって、ここでしかできない体験をする目的にもなるといいなと思っています。

https://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/sc/

玉川高島屋S・C

玉川高島屋S・Cのオフィシャルウェブサイト。たまがわライフに役立つ、店舗情報やイベントの最新情報をお届けいたします。

https://www.tamagawa-sc.com/

玉川高島屋S・C

kenchiku_zyoho 

建築集団noizが設計、テントの利便性と耐久性を活用した 簡易なPCR検査⽤ドラスイブスルーテント|Webマガジン「AXIS」 https://www.axismag.jp/posts/2020/07/242645.html

建築集団noizが設計、テントの利便性と耐久性を活用した 簡易なPCR検査⽤ドラスイブスルーテント | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア

新潟県長岡市に本社を置く今泉テントは、設置が簡単なPCR検査⽤ドラスイブスルーテントを開発した。テントの利便性や耐久性にくわえ、同社の技術⼒を⽣かした検査用テントで、新型コロナウイルス第2波に備えて、⼀号基は⻑岡市と新潟市に寄贈され、稼働を始…

https://www.axismag.jp/posts/2020/07/242645.html

Webマガジン「AXIS」

kenchiku_zyoho 

春日部市、建築家坂茂さん代表NPOと災害時協定 コロナ禍の避難所対策で https://kasukabe.keizai.biz/headline/306/

春日部市、建築家坂茂さん代表NPOと災害時協定 コロナ禍の避難所対策で

春日部市は7月3日、NPO法人「ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク」(東京都世田谷区)と「災害時における避難所用簡易間仕切りシステム等の供給に関する協定」を締結した。

https://kasukabe.keizai.biz/headline/306/

春日部経済新聞

kenchiku_zyoho 

安藤忠雄さんの子どもの図書館|NHK 関西のニュース https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200703/2000031743.html

安藤忠雄さんの子どもの図書館|NHK 関西のニュース

大阪出身の建築家、安藤忠雄さんが、大阪・中之島につくった子どものための図書館です。 新型コロナウイルスの影響で開館が遅れていましたが、5日…

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200703/2000031743.html

NHK NEWS WEB

kenchiku_zyoho 

建築家・坂茂氏の設計による木質免震構造オフィスビル『タマディック名古屋ビル』着工

株式会社タマディックは、東海エリアの事業拠点である愛知県名古屋市において、新社屋『タマディック名古屋ビル』の建設に着手いたします。当ビルは、プリツカー賞を受賞した建築家・坂茂(ばん しげる)氏の設計によるCLT(直行集成材)を活用した地上8階・地下1階の木質免震構造オフィスビルになり、2021年11月に竣工予定です。

 坂茂氏は、世界初の木造7階建てビル「タメディア新本社」(スイス・チューリッヒ市)、世界最大級の木造建築物 「​スウォッチ・オメガ本社」(スイス・ビール市)など、いずれも現代の木造建築に代表される作品を手掛けた建築家です。それら作品は、鉄骨の代用品として木材を使用することはなく、 “木造でなければ”ならない必然性と、“木造だからこそ”実現できる意匠が用いられています。同氏の素材や材質を最大限に活かすアプローチが弊社のエンジニアリング業務と通じるものを感じ、その創意工夫と間近に接することで日常の業務にも斬新な着想を得て欲しいという願いから、新社屋の設計を依頼いたしました。


【建物概要】

名称:タマディック名古屋ビル
建築設計:坂茂建築設計
構造設計:陶器浩一+飯島建築事務所
     +高橋俊也建築構造研究所
設備設計:テーテンス事務所
所在地:愛知県名古屋市中区丸の内2丁目
用途:事務所
敷地面積:637.4 ㎡
建築面積:約510㎡

延床面積:約4,500㎡
構造:RC造、一部鉄骨造、木造(免震構造)
階数:地下1階、地上8階
地下階:駐車場
1階:エントランス・ショールーム・ものづくりラボ
2~3階:執務室
4階:会議室
5~6階:設計室
7階:研修室
8階:多目的ホール・フィンランド式サウナ
完成予定:2021年11月

株式会社タマディック
https://www.tamadic.co.jp/

kenchiku_zyoho 

隆起する新時代のミュージアム(角川武蔵野ミュージアム)2020年8月1日(土)ついに始動! プレオープン企画は「隈研吾展」

公益財団法人 角川文化振興財団は、「ところざわサクラタウン」内、「角川武蔵野ミュージアム」のプレオープンを2020年8月1日に決定いたしました。 「ところざわサクラタウン」は、株式会社KADOKAWAと埼玉県所沢市が、みどり・文化・産業が調和した地域づくりを共同で進めるプロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設として2020年11月6日(金)にグランドオープン予定です。「角川武蔵野ミュージアム」では竣工記念展として、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底のもと、「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」を同8月1日(土)より開催いたします。

●展覧会基本情報
「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」

会期:2020年8月1日(土)→10月15日(木)
会場:角川武蔵野ミュージアム グランドギャラリー
休館日:火曜日 開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~21:00)
*入館締め切りは閉館30分前
入場料金(税込):大人(大学生以上)=1,600円/中高生=1,000円
小学生=700円/未就学児=無料
*本チケットで「マンガ・ラノベ図書館」もご覧いただけます。
*完全事前予約制とし、入館人数の制限を行っております。

主催:角川武蔵野ミュージアム (角川文化振興財団)
展示計画:隈研吾建築都市設計事務所
写真:新津保建秀
協力:KADOKAWA、デルタ電子、TIME & STYLE、飛騨産業
後援:所沢市、所沢市教育委員会
協賛:鹿島建設

詳細は→ https://kadcul.com/


■「角川武蔵野ミュージアム」について
美術・博物・図書をまぜまぜにする、前人未到のプロジェクト。イマジネーションを連想させながら、リアルとバーチャルを行き来する複合文化ミュージアムです。
運営の柱となるのは、館長である編集工学者の松岡正剛氏、博物学者の荒俣宏氏、芸術学・美術教育の研究者である神野真吾氏、建築家の隈研吾氏。この体制のもと、意欲的で革新的なスタッフが新しいミュージアムの創設に尽力します。

角川武蔵野ミュージアム 公式サイト → https://kadcul.com/
公式ツイッター → https://twitter.com/kadokawa_museum
Facebook → https://www.facebook.com/kadokawaculturemuseum/
Instagram → https://www.instagram.com/kadokawa_culture_museum/


URL https://kadcul.com/

角川武蔵野ミュージアム

アート・博物・本の複合文化ミュージアム 角川武蔵野ミュージアム

https://kadcul.com/

角川武蔵野ミュージアム

kenchiku_zyoho 

谷尻誠が発起人の【TECTURE】が、これまでの設計・デザイン業務を劇的に改革する新検索サービスの提供を開始!

建築・デザイン従事者は必見!写真のピンをタップするだけで建材・家具情報が一目でわかる!次世代型検索サービス【TECTURE(テクチャー)】

【TECTURE】 https://www.tecture.jp/

【TECTURE】には、建築家やデザイナーの事例写真、家具・建材メーカーの商品データーが登録されており、気になったデザイナーの事例写真に表示されている黄色いピンをタップするだけで、写真の中の商品情報に簡単にアクセス。これまでは別々に行っていた「空間デザイン事例検索」「家具・建材情報検索」「メーカー担当者への連絡」が、【TECTURE】のプラットフォームを利用することで、ワンストップで検索できるように。

https://mag.tecture.jp/feature/20200629-tecture_launch/

TECTURE(テクチャー) | 空間デザイン情報検索サービス

TECTUREは、建築家やデザイナーの事例から、家具・建材情報検索・メーカーへの連絡がワンストップで可能なサービスです。

https://www.tecture.jp/

TECTURE

kenchiku_zyoho 

「こども本の森 中之島」の見どころ紹介!約1万8000冊が並ぶ新施設が開館|ウォーカープラス https://www.walkerplus.com/article/1003268/ @walkerplus_newsより

「こども本の森 中之島」の見どころ紹介!約1万8000冊が並ぶ新施設が開館|ウォーカープラス

子供が本と出合い、本を楽しみ、本に学ぶ施設「こども本の森 中之島」が7月5日(日)、中之島公園内にオープンする。 【写…

https://www.walkerplus.com/article/1003268/

ウォーカープラス(Walkerplus)

kenchiku_zyoho 

FC町田ゼルビア、トレーニング施設のクラブハウスを隈研吾建築都市設計事務所に

この度、町田市、市民の皆様の協力を受け、鶴見川クリーンセンター(東京都町田市三輪緑山一丁目1番地)内にJ1への新拠点となるトレーニング施設の整備が決定しましたので、お知らせ致します。

○クラブハウス:本棟2階建・別棟平屋建・延床面積約1700㎡
設計:隈研吾建築都市設計事務所

☆施設について☆
緑豊かな三輪緑山の素晴らしい景色にとけ込み、自然と調和した建物となるようデザインしていただきました。
町田市の木で、ゼルビアの名前の語源となっているけやき(ゼルコヴァ)をモチーフとした大小二つの跳ね屋根で、新拠点を象徴するゲートとしての建築をつくります。
建造物全体にあたたかみのある雰囲気を醸し出すことで、使用する選手だけでなく、ここを訪れる皆様が落ち着ける空間となることを意識しております。
周囲の桜並木など現状の景観を最大限活かし、また同時に外周路なども整備して地域に開かれた、近隣住民との共生を深く感じさせる施設を目指します。

https://www.zelvia.co.jp/news/news-156086/

kenchiku_zyoho 

DMM.makeの3Dプリンター活用事例紹介 『第1弾 隈研吾建築事務所』


隈研吾建築事務所の松長氏、寺澤氏にインタビューを行いました。隈研吾建築事務所は石膏タイプの3Dプリンターを導入していましたが、潜在的な需要がある複雑な造形に時間と手間をかけすぎていたものを解決できないか、DMM.makeに相談。

本インタビューでは、課題に対し、3Dプリンターを活用しどう解決していったのか、国内の最新プロジェクト事例などを交えて、お話いただいています。
https://works.make.dmm.com/cases/258/


DMM.make 3Dプリント オウンドメディア
URL:https://works.make.dmm.com/

株式会社隈研吾建築都市設計事務所

普段から、DMM.make 3Dプリンターサービスをご活用頂いている、隈研吾建築都市設計事務所の松長様 にDMM.make 3Dプリント導入事例のインタビューを行いました!

https://works.make.dmm.com/cases/258/

DMM.make 3DPRINT

kenchiku_zyoho 

母校・栄光学園新校舎を設計監修した隈研吾さん 21世紀の校舎は「小さくなる」 - 朝日新聞EduA https://www.asahi.com/edua/article/13488940

母校・栄光学園新校舎を設計監修した隈研吾さん 21世紀の校舎は「小さくなる」|学習と健康・成長|朝日新聞EduA

神奈川御三家の一つ・栄光学園。イエズス会の教えのもと、通学路の栄光坂や休み時間に行う中間体操など、11.1万㎡の緑豊かなキャンパスで体や五感を使って体験する学びを大切にしています。2017年に完成した校舎は世界的な建築家であるOBの隈研吾さんが設計監修。隈さんに自身の中学受験、そしてこれからの教育に必要となる建築について伺いました。

https://www.asahi.com/edua/article/13488940

kenchiku_zyoho 

noizが「渋谷キャスト3周年祭」に合わせた、次世代型スマートシティの垂直版『SHIBUYA HYPER CAST. 2』を提示!

昨今のコロナによる働き方を始めとした社会の変化や、新しいプラットフォームとしてのスマートシティへの関心の高まりに対し、超都心型のスマートシティの一つの在り方として、以前から次世代型スマートシティのあり方を研究し、かつリサーチや分析、コンサルティングを行ってきている株式会社ノイズ(以下noiz)としての、汎用型に対しての一つの特殊形の提示です。
https://noizarchitects.com/archives/works/shibuya-hyper-cast-2

また、今回アプリのインストール無しに、スマートフォンでリンクをクリックするだけで目の前にSHIBUYA HYPER CAST. 2 のミニチュアを召喚できる、Web-ARも体験できるようになります!!
*スマートフォンの動作環境により、ご利用できない場合もございます。
Web-AR : https://noizarchitects.com/hypershibuyacastwebar/
Movie : https://youtu.be/3teji64JldE

SHIBUYA HYPER CAST. 2
https://noizarchitects.com/archives/works/shibuya-hyper-cast-2

SHIBUYA CAST.
https://shibuyacast.jp/journal/castwall.php

202X URBAN VISIONARY Vol.4(2020年6月18日(木)オンライン開催)
https://202x-urban-visionary-04.peatix.com

noiz
2007年に豊田啓介と蔡佳萱のパートナーシップとして設立。2016年に酒井康介を加えた3名パートナー体制で、東京と台北の二拠点からコンピューテーショナルな手法を駆使し、建築を軸にインスタレーションから都市まで幅広いジャン ルで国際的に活動する建築・デザイン事務所。最新のデジタル技術を駆使した各種デザインや製作、システムの実装から教育、各種リサーチ& コンサルティング活動も積極的に展開する。主要な例として、Shadow In Motion (2019年、インスタレーション、原研哉氏とのコラボレーション)、等々力の住宅(2019年、住宅)、SHIBUYA CAST. (2017年、ファサード・ランドスケー プデザインを担当)ほか。主な受賞歴として、World Interior News Awards (WIN Awards) 2017空間デザイン部門大賞受賞、The Fifth Public Arts Award 受賞(2016年)、WIRED Innovation Award(豊田啓介、2017年)など。


© noiz

kenchiku_zyoho 

壁のない家
―― 建築家・藤本壮介の軌跡 - T JAPAN:The New York Times Style Magazine 公式サイト
#DESIGN&INTERIORS #建築・インテリア #インタビュー・対談 #建築家
https://www.tjapan.jp/design_and_interiors/17368387

壁のない家 ―― 建築家・藤本壮介の軌跡 - T JAPAN:The New York Times Style Magazine 公式サイト

プライベートとパブリック、内と外、建築と自然といった相反する要素の関係性を探りつづけてきた藤本壮介。彼は現代建築界の傑出したコンセプチュアルアーティストだ

https://www.tjapan.jp/design_and_interiors/17368387

kenchiku_zyoho 

建築家・長坂常が設計したニューバランスの コンセプトストア、「T-HOUSE New Balance」のデザイン公開|Webマガジン「AXIS」 https://www.axismag.jp/posts/2020/06/227372.html

建築家・長坂常が設計したニューバランスの コンセプトストア、「T-HOUSE New Balance」のデザイン公開 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア

▲写真:ホンマタカシニューバランスは2020年7月17日(金)、日本の文化「茶室」に宿るもてなしの精神に発想を得た、新しいコンセプトストア「T-HOUSE New Balance」を東京・日本橋浜町にオープンする。同店では、New Balanceのグローバルコラボレーションや…

https://www.axismag.jp/posts/2020/06/227372.html

Webマガジン「AXIS」

kenchiku_zyoho 

【現地事務所とJVで特定】梓設計 フランス・アジャン市のラグビースタジアム改修設計に着手 | 建設通信新聞Digital https://www.kensetsunews.com/web-kan/463639

【現地事務所とJVで特定】梓設計 フランス・アジャン市のラグビースタジアム改修設計に着手 | 建設通信新聞Digital

 梓設計は、フランスのアジャン市が実施したプロポーザルで、 同市にあるラグビースタジアム「スタッドアルマンディー」の改修・拡張プロジェクト設計業務の受託候補者に、 現地設計事務所のフランソワ・ドゥ・ラ・セール建築エージェンシーとのJVで特定された。 近く契約し、設計に着手する。改修後のスタジアムは2022年8月のオープンを目指している。 計画では1972年に建設された4200席のスタジアム北側のスタンドを建て替え、07年に建設された2096席の西側スタンドに新たな屋根を設置するほか、クラブチーム事務所、選

https://www.kensetsunews.com/web-kan/463639

建設通信新聞Digital

kenchiku_zyoho 

ルームデザインに3組のデザイナーを起用したホテルが 7月3日 西池袋にオープン

ホテルコンサルティング事業を主とする株式会社アスリード(東京都品川区)は、2020年7月3日(金)に新たなホテル「hotel Siro」を西池袋に開業いたします。


<建築コンセプト>
街に泊まるホテルがいい。

何を当たり前なことを、と言われるかもしれない。
しかし、訪れた街そのものに自分が一晩過ごしたと言える経験を持つ人は、果たしてどれほどいるのだろうか。

街路から扉をくぐってクローズドなロビーでチェックイン。
エレベーターの箱に入り、薄暗がりの中廊下を通って玄関ドアを開け、水周りブロックを抜けて、ようやく部屋に辿り着く。

空間は街から何重にも隔てられ、例えば「東京」にいる自分、よりも、「〇〇」というホテルブランドにいる自分、しか意識されないんじゃないだろうか。
それは旅人として大変につまらない、と常々思っている。

だから、ここで僕たちが実現したかったのは、その特別な「街」そのものに泊まるホテル、である。

街のストリートが幾層も積み重ねられたかのような構成で、街路から直接つながるそれぞれ特徴的な階段を上ると、そこは風が吹き抜ける外廊下。
部屋部屋はこの路地的な外廊下に直接面していて、伝統的な日本旅館のような縁側アクセスと土間を持つ部屋の構成は、新しく現代的でありながら日本的でもある。
障子と引き戸を開け放てば、池袋の町並みが眼下に広がり、旅の“只中”にいる自分を豊かに感じることができるだろう。

旅人のことを「渡り鳥」と呼ぶのはドイツだったか。
都市のとまり木のようなこのホテルで、鳥のように、街に抱かれて眠ってほしい。

- 原田真宏・MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO主宰


<hotel Siroの個室は3フロアずつ異なるデザイナーが担当>

1階及び8、9、10階の個室デザインは、「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO」
5、6、7階の個室デザインは、「SO,u株式会社」
2、3、4階の個室デザインは、「株式会社CAPD/WA-SO design」


<ホテル概要>
名称:hotel Siro(ホテルシロ)
開業予定日:2020年7月3日(金)
所在地:〒170-0014 東京都豊島区池袋2-12-12
(JR山手線・東京メトロ「池袋駅」西口のC1出口より徒歩2分)
URL: https://hotel-siro.jp/

敷地面積:170.78㎡
延床面積:962.47㎡
構造規模:鉄骨造、地上10階
客室数:41室

運営:株式会社アスリード


最上階の10階から繋がるグランピングエリアでは、都会の真ん中でのキャンプという特別な体験をお楽しみいただけます。

kenchiku_zyoho 

ナインアワーズ半蔵門 皇居周辺エリアに2020年 7月1日(水)オープン

株式会社ナインアワーズは、2020 年7月1日[水]、緑豊かな皇居周辺エリアに新店舗「ナインアワーズ半蔵門」を開業いたします。

建築家・設計は平田晃久が担当。ランニングステーションを併設

<建築コンセプト>
「ナインアワーズ半蔵門」は皇居から続く街路樹が立体化したようなファサードを持つカプセルホテル+ランニングステーションです。かつて武家屋敷だった敷地周辺は現在ではカーテンウォールのビルが立ち並ぶオフィス街となっています。そこでこの建築のファサードには周囲の雰囲気を取り入れたミラーガラスと、カプセルモジュールである120cm角グリッドのサッシュを用いました。立体的に配された樹木は、120cmキューブのピクセルで刳り抜かれたニッチにはめ込まれます。空中の樹木はミラーガラスに映し込まれ、街の中に緑を増幅させます。夜には緑を照らす照明や室内からこぼれた光により昼間とは違った表情が街に浮かび上がります。内部は雁行したカプセル配置により徐々に外部に向かっていく街路的な広がりを持ちます。内外にまたがる立体的な「街路」を介して都市の中に生活していることを体感することができるでしょう。  - 平田晃久 -

<ナインアワーズ半蔵門 店舗概要>
開業日:2020年7月1日[水]13:00
所在地:東京都千代田区麹町3-5-20
最寄駅:東京メトロ有楽町線麹町駅(1 番出口)徒歩2 分
    東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(1 番出口)徒歩3 分
営業時間:24 時間 年中無休
延床面積:1,207.44㎡ / 敷地面積 178.59㎡ / 地上 10 階建
客室数:180 室[男性 100 室 / 女性 80 室]
所有:ナインアワーズプロパティファンド第2 号
運営:株式会社ナインアワーズ
基本設計 監修:株式会社平田晃久建築設計事務所
設計施工:坪井工業株式会社
https://ninehours.co.jp/hanzomon


立体的に配された樹木、周囲の雰囲気を取り入れた都市と呼応するような佇まい

このエントリーをはてなブックマークに追加