このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原一男

K2ビルディング−篠原一男
K2ビルディング 篠原一男アトリエ 大阪府大阪市都島区 京橋の駅からすぐのところにあるオフィス・店舗の複合ビルである。 地下鉄が走っている等の理由により荷重制限などから それぞれに個々の架構システムを使用している。 そのためか北面と南面で違った表情を見せている。 一階・二階がショールームや喫茶コーナーといった開かれた空間になっていて 喫茶コーナーは二階吹き抜けになっていて螺旋階段でつながれている。 喫茶コーナーから外を見ようとすると斜めに入っているブレースがすごい迫力である。 '00.3.6 Homeへ Architectureのページへ
powered by KenKen!_Robot
http://uratti.web.fc2.com/architecture/kansai/k2.htm
花山の病院−篠原一男
花山の病院 篠原一男アトリエ 兵庫県神戸市 神戸の急な斜面地である花山につくられた老人のための病院である。 この花山には篠原氏が設計した多くの建物が存在します。 カラフルな色彩のファサードと入口前に広がる円弧状の池が特徴的です。 池には鯉が泳いでいて、その池の横を通って病院にアプローチします。 池に沿ってリング状の回廊がつくられ、各機能空間が放射状に接合されています。 回廊の外側面はガラスになっていて池とガラスが複雑な風景をつくり出していました。 これを見て老人があやまって池に落ちないのかちょっと心配になりました。 '03.2.10 Homeへ Architectureのページへ
powered by KenKen!_Robot
http://uratti.web.fc2.com/architecture/kansai/hanayamahos.htm
熊本北警察署−篠原一男
熊本北警察署 篠原一男アトリエ+太宏設計事務所 熊本県熊本市 「くまもとアートポリス」の代表的建築物である。 市の中心にある警察署です。 ファサードがあまりに有名でそこしか知らなかったので、これほど横に長いとは思わなかった。 とても不安定なイメージを持っていたが横から見て大丈夫だという事がよく分かった。 ファサード側の開放的な設計と裏側の気密的な設計がよく共存している。 夜景では逆三角形の構造柱が透けてみえるらしい。 中に入ってみたかったが岡山の警察署で怒られた経験があるので怖くて入れなかった。。 '00.2.11 Homeへ Architectureのページへ
powered by KenKen!_Robot
http://uratti.web.fc2.com/architecture/kyusyu/kumamotokita.htm
篠原一男|TOTO出版 [ 東京都 ]
powered by KenKen!_Robot
https://jp.toto.com/publishing/detail/A0139.htm
ハネギ・コンプレックス−篠原一男 Hanegi Complex−Kaz...
ハネギ・コンプレックス 篠原一男 東京都世田谷区 Hanegi Complex Kazuo Shinohara/Tokyo 羽根木の閑静な住宅街につ……い前なのですが、2年ほど前に解体されて しまっていることを今日知りました。 篠原さんといえば初期の住宅建築が有名で、19…
powered by KenKen!_Robot
http://uratti.web.fc2.com/architecture/kanto/hanegicomplex.html
瀧浩明/studio blank-自転車な建築家 [ 東京都 世田谷区 ]
ルイス・カーンと篠原一男 先日久しぶりに東京工業大学百年記念館を訪れました。 百年記念館は東工大の教授だった篠原一男の62歳の時の作品で 自……ーンの建築はキャンパスの文脈に対し、極めて控えめに建てられているのに対し、 篠原の建築は文脈を断ち切って、ひとつのモニュ…
powered by KenKen!_Robot
http://studio-blank.com/text372.html
日記_prospector [ 東京都 武蔵野市 ]
多次元直列日記 2011. 1 1月7日 (金) 白井晟一展 / マルクス午前中、横浜へ。某プロジェクトの打合せ。その後、アトリエにて仕事。夕方、汐留へ。パナソニック・ミュージアムで開催された、白井晟一展の内覧会+レセプションに出席。その後、アトリエに戻る。(みなみ)本日も終日引きこもって作業。タイから昨日帰国した弟と電話で話す。オーストラリアのアリさんにメールをしたところ、すぐに返事が来る。フェースブックでは、再度使い始めたという京都の佐藤守弘さんの投稿が次々と更新されている。オランダの建築メディア『ヴォリューム』のサイトには、KLMが民間用の宇宙旅行サービスを2014年からはじめるとあった...
powered by KenKen!_Robot
http://park16.wakwak.com/~prospector/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=read&page=20&y=2011&m=1
都市と建築と設計―都市建築設計集団/UAPP [ 宮城県 仙台市 ]
メール配信 電子商取引 Urban Architecture Planning Partnership 好評連載 「もうすぐ生れる 」 模型の残骸で綴る思考の軌跡 「TMH−町に露出する中庭」編 ファーストコンタクト 「町に露出する中庭」(今のところ、勝手に)名前をつけさせていただいた、住宅の検討過程は、クライアントとのメールでのやりとりのなかに、その時点での問題点がうまく記述されていると考え、何通かのメールをそのまま引用しております。 ※真上から見下ろした全ての模型の方位は、 「上が南側」「下が北側」「左が西」「右が西」です。 2010-03-07 2回目の「山神の住宅」のオープンハウスに御...
powered by KenKen!_Robot
都市と建築と設計―都市建築設計集団/UA...都市と建築と設計―都市建築設計集団/UA...都市と建築と設計―都市建築設計集団/UA...都市と建築と設計―都市建築設計集団/UA...
http://www.uapp.jp/works-born-TMH.htm
GA HOUSES 20 [ 東京都 渋谷区 ]
…つの鏡戦争とポストモダニズム 松葉一清 篠原一男 ハウス・イン・ヨコハマ 神奈川県横浜市…
powered by KenKen!_Robot
http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_houses/gah020.html
GA JAPAN 013 [ 東京都 渋谷区 ]
…明な時代−1920年代、50年代と今日 篠原一男 作品 サントリーミュージアム「天保山」/マーメイド広場 安藤忠雄 インタヴュー/行政区分を越えて海際の広場をつ……隈洋 森田昌宏 田中泰夫 川崎向太 山内正一 篠崎淳 赤土善蔵 田鍋稔 山内一男 笹敦 小田ひとみ 臼田有吾 PRODU…
powered by KenKen!_Robot
http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_japan/gaj013.html
GA DOCUMENT 19 [ 東京都 渋谷区 ]
評論 三宅理一:未来への飛翔 篠原一男 東京工業大学百年記念館 レンゾ・ピアノ…
powered by KenKen!_Robot
http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_document/gad019.html
GA JAPAN 014 [ 東京都 渋谷区 ]
…研吾 時評 伝統、その確かさと不確かさ 篠原一男 <新しい建築士像>の確立に向けて 藤本…
powered by KenKen!_Robot
http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_japan/gaj015.html
冬夏会 東京工業大学建築系同窓会 大学近況 大岡山 [ 東京都 ]
… 塩崎太伸(平成12年卒/本学助教) 故篠原一男名誉教授の設計による百年記念館(1987年竣工)の2階に新しい展示室が完成し、2010年7月にオープンいたしまし……各室に加え、吹き抜けに面したガラス壁の部屋に百年記念館の解説と共に設計者篠原一男を紹介する展示室を新たに設け、模型やスケ…
powered by KenKen!_Robot
http://www.arch.titech.ac.jp/toukakai/TokyoTech/2010-02.html
【建築】建築巡礼×同行二人【ガイドマップ】 [ 東京都 ]
…ックでギャラリーが開きます白の家設 計:篠原一男(1966)所在地:東京都杉並区久我山(道路拡張で取り壊し・移転)DOCOMOMO Google Map こちら……兼次 アントニン・レーモンド 渡邊洋治 moooi 安藤忠雄 長田直之 篠原一男 加藤渉 藤森照信 妹島和世 佐藤功一 …
powered by KenKen!_Robot
【建築】建築巡礼×同行二人【ガイドマップ... Google map
http://ruelle.blog97.fc2.com/blog-entry-17.html
GA JAPAN 012 [ 東京都 渋谷区 ]
…品3題 時評 モダンと、建築のパワーと 篠原一男 工学部から建築学科が消えるとは 尾島俊…
powered by KenKen!_Robot
http://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_japan/gaj012.html
このエントリーをはてなブックマークに追加