このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. home >
  2. 建築イベント >
  3. 巡回展「きたれ、バウハウス」新潟市美術館

巡回展「きたれ、バウハウス」新潟市美術館

巡回展「きたれ、バウハウス」新潟市美術館
2019年、バウハウス開校100年を日本で祝う巡回展「きたれ、バウハウス」が8月3日に新潟市美術館でスタートし、2020年にかけて5つの美術館へ巡回いたします。
新潟市美術館 企画展示室 新潟県 新潟市中央区西大畑町 5191-9
2019年8月3日(土) 〜 2019年9月23日(月)
巡回展「きたれ、バウハウス」新潟市美術館

バウハウス開校100年を日本で祝う巡回展「きたれ、バウハウス」が8月3日に新潟市美
術館でスタートし、2020年にかけて5つの美術館へ巡回いたします。(新潟市美術館、西
宮市大谷記念美術館、高松市美術館、静岡県立美術館、東京ステーションギャラリー)

バウハウスの作品を有する国内の美術館、所蔵者のご協力により、本展では、約300点
の貴重な作品・資料が展示されます。近年、国内で開催される最大規模のバウハウス展
です。

本展では、バウハウスとは何か? という問いに「学校」であるという視点から迫ります。ま
ず、初代学長、建築家のグロピウスの下に集まったクレーやカンディンスキー、モホイ=ナ
ジなどの優れた芸術家たちがこの学校でどのような授業を行ったかを、授業を受けた学
生たちの実際の作品を通してご覧いただきます。さながら、バウハウスに体験入学するよ
うな展覧会です。学生たちは、基礎教育を経て、家具工房や金属工房などの専門課程に
進みます。各工房で繰り広げられた教育と実験から、鋼管家具などバウハウスを象徴する
プロダクトのデザインが数多く生まれました。

本展は、バウハウスから生まれた作品とデザインに直接、触れる好機でもあります。バウ
ハウスに入学した4人の日本人の活動を紹介するコーナーもあり、日本とバウハウスの深
い繋がりを見ていただけます。

新潟市美術館では、会期中に様々な関連イベントが開催されます。講演会やワークショッ
プ、レクチャー、コレクション展など合わせてお楽しみ下さい。

展覧会「きたれ、バウハウス  ーアート/デザインの原点ー  」

会期 | 2019年08月03日(土) ー 09月23日(月)

休館 | 日月曜日(8/12、9/16・23は開館)、8/13(火)、9/17(火)

時間 | 9:30〜18:00(観覧券販売は閉館30分前まで)

会場 | 新潟市美術館 企画展示室

観覧料 |
一般 1,000(800)円
大学・高校生 800(600)円
中学生以下無料

※( )内は団体(20名以上)・リピーター割引料金(本展観覧券の半券提示で2回目以降
の観覧は200円引き)
※ 障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料(受付でご提示くだ
さい)
※ 割引券持参で当日料金より100円引き(他の割引との併用はできません)


【関連イベント】

講演会「バウハウス:デザインの普遍性」
デザイン史の分野の評論家を講師に招き、バウハウスの今日的意義を語っていただきま
す。
講師 柏木 博 さん(デザイン評論家・武蔵野美術大学名誉教授、バウハウス100周年委
員会委員)
日時 9月7日(土) 午後2時〜(約90分)
会場 新潟市美術館 講堂 (定員100名)
* 申込不要、聴講無料

関連ホームページhttp://www.bauhaus.ac/bauhaus100/constellation/031

インプレッション 4,853

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築イベント 一覧へ

Event Index


新着イベント

event.cgi v7.00m