このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. home >
  2. 建築イベント >
  3. サイエンスアゴラ in 大阪 シンポジウム「都市防災備災の現状と展望」

サイエンスアゴラ in 大阪 シンポジウム「都市防災備災の現状と展望」

建築イベント 一覧へ

サイエンスアゴラ in 大阪 シンポジウム「都市防災備災の現状と展望」
昨年大阪を襲った自然災害により顕在化した災害発生時の個人(民)・組織(産)・公共(官)等の"判断"や"情報共有"の課題。これに対し、産官学ネットワークが対話し、都市防災備災を考えます。
大阪市中央公会堂[3F 小集会室] 大阪府 大阪市北区中之島1-1-27
2019年3月4日(月)
サイエンスアゴラ in 大阪 シンポジウム「都市防災備災の現状と展望」

自然災害が多発する今日。これまで防災意識があまり高くなかった大阪では、昨年の
大阪北部地震や台風21号などによって、さまざまな都市防災備災の弱点が露呈し、
ハード整備だけではなく、災害発生時の個人(民)・組織(産)・公共(官)等の"判
断"や"情報共有"の課題がみえてきました。
そこで「サイエンスアゴラin大阪」では、大阪における行政・企業業務・文化交流機能を
牽引する【中之島】において、都市防災備災について産官学ネットワークによる対話と共
創の場を創出し、将来必ずくるであろう災害対策の一助としたいと思います。

サイエンスアゴラ in 大阪/
シンポジウム「都市防災備災の現状と展望」
〜産官学ネットワークの共創に向けて〜

日時:3月4日(月)18:30-20:45[受付・開場18:00〜]
会場:大阪市中央公会堂[3F 小集会室](大阪市北区中之島1-1-27)
定員:130名(要事前申込・先着順)
料金:無料
イベントURL:http://artarea-b1.jp/archive/2019/03041376.php

プログラム:
基調講演
「世界一の地震・火山大国に暮らすということ」
巽 好幸(神戸大学 海洋底探査センター 教授/センター長)
話題提供1
「大阪の高潮防御施設操作のタイムライン」
川上 卓(大阪府都市整備部 河川室河川整備課 参事)
話題提供2
「大阪都心ビジネス地区中之島でのエリア防災備災の取組み」
岸田文夫(中之島まちみらい協議会 代表幹事)
話題提供3
「災害時の支え合い:国際・多文化共生×地域資源(寺社・自治会)×アプリ」
稲場圭信(大阪大学大学院人間科学研究科 教授)
ディスカッション
「都市防災備災の産官学ネットワークの共創」
登壇者:巽 好幸、川上 卓、岸田文夫、稲場圭信
モデレーター:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部准教授)
総合司会:寺田健太郎(大阪大学 副理事、理学研究科 教授)

※お申し込み方法:下記のいずれかでお申し込みください。
お申し込みフォーム(http://artarea-b1.jp/ticket/
メール(mail【at】artarea-b1.jp  ←【at】を@に変えて送信してください。件名:3/4サ
イエンスアゴラ参加申込)
電話(06-6226-4006 /12:00〜19:00・月曜(祝日の場合は翌日)休館)

※お問い合わせ先
アートエリアB1事務局
メール(mail【at】artarea-b1.jp  ←【at】を@に変えて送信してください。)
電話(06-6226-4006 /12:00〜19:00・月曜(祝日の場合は翌日)休館)
-------------------------------------
主催:大阪大学共創機構
共催:中之島まちみらい協議会、国立研究開発法人科学技術振興機構、アートエリアB

制作協力:大阪大学21世紀懐徳堂、一般社団法人アートエリアB1
協力:大阪市中央公会堂 指定管理者サントリーパブリシティサービスグループ
後援(予定):大阪府、大阪市

関連ホームページhttp://artarea-b1.jp/archive/2019/03041376.php

表示回数: 238

このエントリーをはてなブックマークに追加

Event Index


新着イベント

event.cgi v6.30m