このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. home >
  2. 建築イベント >
  3. 稲門建築ライブラリー公開懇親会/地についた建築とは 宮本忠長

稲門建築ライブラリー公開懇親会/地についた建築とは 宮本忠長

建築イベント 一覧へ

稲門建築ライブラリー公開懇親会/地についた建築とは 宮本忠長
早稲田大学卒業生の図面集の公開及び座談会。入場無料、定員200名(当日先着順)。主催:早稲田大学・稲門建築会事業委員会。
早稲田大学理工学部55号館N棟大会議室(新宿区大久保3-4-1) 東京都 新宿区
2008年2月7日(木)

地元長野で地域の風土と職人を活かした建築を作り続けている宮本忠長を
お迎えした公開懇親会を開催します。
宮本忠長作品の展示会も同時開催しています。
▼公開懇親会
講師 宮本忠長
ゲスト 池原義郎(予定) 阪田誠造(予定)
コーディネーター 古谷誠章
テーマ 「地についた建築とは 宮本忠長」
日時 2月7日(木) 18:30〜21:00(18時開場)
会場 早稲田大学理工学部55号館N棟大会議室(新宿区大久保3-4-1)
定員 200名(当日先着順・入場無料)

▼展示会
日本芸術院賞受賞作「松本市美術館」、地域の風景に取り組んだ「小布施
町並修景計画」等、
宮本忠長の作品を深く味わうための、図面・模型の展示。
日時 2月5日(火)〜8日(金) 11:00〜17:00(7・8日は21:00まで
展示)
会場 早稲田大学理工学部55号館アトリウム・入場無料

表示回数: 2,372

このエントリーをはてなブックマークに追加

Event Index


新着イベント

event.cgi v6.18m