【PR】総合金物・電動工具・大工道具・砥石・刃物なら馬場商店へどうぞ!【PR】
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. home >
  2. 建築イベント >
  3. ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2016帰国展 「いま、そこにある、住まいの風景」

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2016帰国展 「いま、そこにある、住まいの風景」

建築イベント 一覧へ

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2016帰国展 「いま、そこにある、住まいの風景」
ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2016に出展された、日本建築設計学会企画による日本の住宅をテーマとした展示の帰国展が、今春大阪で開催されます。
ASJ UMEDA CELL 大阪府 大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフ
2017年4月13日(木) 〜 2017年4月19日(水)
ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2016帰国展 「いま、そこにある、住まいの風景」

2016年に半年間にわたって開催されたヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の
会期が昨年11月に終了しました。本展では、その帰国展として、ヴェネチアで
の展示を再構成して展示します。
展示されるのは、30代〜50代の10組の建築家が設計した10の住宅作品です。そ
れぞれが、日立(茨城)、東京、津島(愛知)、彦根(滋賀)、京都、大阪、
津山(岡山)、鹿児島、那覇(沖縄)など全国各地に過去5年のうちに建てら
れ、すでにある程度住まれている住宅です。そのどれもが、敷地や周辺環境を
はじめ、建主ごとに異なる生活像、そして建築家の設計思想が強く反映され
た、個性的な作品ばかりです。
本展は、それらを共通するユニークな視点で紹介する試みです。1つは、スケ
ールをあわせてつくられた模型によるインスタレーション展示です。1:20、
1:100、1:500という解像度の異なる3つのスケールに統一され、垂直に吊られ
た模型群が、空間、環境、都市を比較するだけでなく、住宅のあり方そのもの
を問う視点を見るものに与えてくれるはずです。それら加えて、本展のために
制作された短辺映像作品が上映されます。映像では、動かない物理空間として
建築の内部や周辺における、人や動植物、自然現象に目線を向けることで、竣
工写真にあらわすことのできない、暮らしの風景が映し出されます。
模型と映像が折り重なる空間の中で、日本の住まいの風景が「いま、そこに」
感じられるメディアとして再現されることを期待しています。

【会期】2017年4月13日(木)― 4月19日(水)11:00-18:00/会期中無休
【会場】ASJ UMEDA CELL(大阪・梅田阪急ビル オフィスタワー24F)
【入場料】無料
【出展者/作品名】
小引寛也+石川典貴《南阿佐ヶ谷の家》
山口陽登+楯列哲也+杉浦良和《神田淡路町の家》
松岡聡+田村裕希《裏庭の家》
森田一弥《Pentagonal-house》
遠藤秀平《RooftectureOT2》
竹口健太郎+山本麻子《SKYHOLL》
光嶋裕介《旅人庵》
可児公一+植美雪《SOJA-O》
鈴木亜生《SHIRASU》
芦澤竜一《風の間》
(計10組10作品)
【写真展示】大竹央祐
【キュレーター・映像展示】西尾圭悟
【会場構成】Louie Hamilton
【主催】一般社団法人日本建築設計学会
【関連イベント】会期中、トークイベントを予定しております。詳細は後日、
WEBサイト上で発表します。

関連ホームページhttp://www.adan.or.jp/news/event/1524

表示回数: 2297

このエントリーをはてなブックマークに追加

Event Index


新着イベント

event.cgi v6.14m