【PR】求人@インテリアデザイン【PR】
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. home >
  2. 建築イベント >
  3. モロークスノキ 特別展示

モロークスノキ 特別展示

建築イベント 一覧へ

モロークスノキ 特別展示
新たな公共性の考え方をめぐり、パリを拠点にグローバルに活躍する建築家ユニット「モロー・クスノキ」(ニコラ・モロー+楠寛子)に焦点を当て、展示を行います。
建築倉庫ミュージアム 東京都 品川区東品川2−6−10
2017年3月7日(火) 〜 2017年4月2日(日)
モロークスノキ 特別展示

【概要】
新たな公共性の考え方をめぐり、パリを拠点にグローバルに活躍する建築家ユ
ニット「モロー・クスノキ」(ニコラ・モロー+楠寛子)に焦点を当て、展示
を行う。作品として「ヘルシンキ・グッゲンハイム美術館」(2015年国際コン
ペ首席案)、「ギアナ文化複合施設」(2013年国際コンペ首席案)を対比的に
取り上げ、文化と地域性の問題について考える。前者は、グッゲンハイム美術
館の世界展開の一環としてヘルシンキ市に計画されたが、2016年末に市議会の
反対で中止となる。後者は、フランスの海外県における地域文化振興を目的に
して構想され、現在実施設計が始められている。グローバル時代のコンテキス
トを考慮しつつ、多くの論争等を前提としながら進められたこの二つのプロジ
ェクトを対比することにより、新たな地域文化と建築のあり方を考える。

【会場】
建築倉庫ミュージアム
(東京都品川区東品川2−6−10)

【開館日・開館時間】
火曜日〜日曜日
(月曜日休、ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日休)

【観覧料】
建築倉庫ミュージアム入場券でご観覧いただけます。
一般 1,000円
高校生以下及び18歳未満 500円
未就学児以下無料
15名以上の団体の方は、入館料からそれぞれ200円割引
障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

【組織】
主催 :日本建築文化保存協会
共催 :日本建築学会
後援 :日本建築家協会
    在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
    フィンランド・センター

関連ホームページhttps://archi-depot.or.jp/archives/517

表示回数: 1508

このエントリーをはてなブックマークに追加

Event Index


新着イベント

event.cgi v6.14m